?  支援者の声 | 日本ブルーリボンの会
2月 24

最後の1人の救出まで頑張りましょう。

2月 24

なかなか進まない拉致問題、今日本国内で、本気で取り組んでいらっしゃる政治家は、安倍総理と青山繁晴議員だけだと考えております。
世界の国々の中で日本国に生まれた事に、心から感謝しています。
一人の日本国民として、自分の意志とは関係なく他国に閉じ込めてられている兄弟、姉妹がいる事を考えると、胸が締めつけられる思いです。
安倍総理、一刻も速く青山議員を拉致問題担当大臣に任命し、
安倍総理の親書持って北への入国ができるよう手配願います。
もっと!もっと!国民は、青山議員のように怒るべきだと考えます。
そして、日本国で生まれ育ったそれだけで家族ではないでしょうか?
安倍総理、青山繁晴議員、日本国民として応援しています。
拉致は犯罪です。
国民を守る意志のもと、速く!速く!速く!日本国民を取り戻して欲しい。

2月 24

頑張って下さい

2月 24

拉致被害者の方や両親もどんどん年を取ってしまいます。憲法9条を改正して一刻も早く北朝鮮に助けに行ってあげてください。 よろしくお願いいたします。

2月 17

1日も早く拉致被害者の皆様全員の帰国されることを、お祈り致します。

2月 17

諦めません。

2月 17

一日も早く戻って来られるよう祈っています。

2月 17

一日でも早くみなさんが帰ってきてくれること・解決を祈っております!

2月 17

拉致被害者の方々の救出のために活動されている青山繁晴さんや、日本を守るために必死に戦っている安倍内閣の皆さんが このバッジを付けていらっしゃったので、微力ではありますが、一般人の私にも協力させて欲しいと思い、購入に至りました。

2月 17

遥かにしてはいけないことですね
ご家族の思いは届いています
心を寄せていきたいです。

2月 17

 トランプ政権になり、安倍総理とトランプ大統領がどんどん親密になる事で、日米が協力し拉致被害者の方々を一日も早く全員奪還するきっかけになればと思います。
拉致被害者の方々やご家族の方々の笑顔が見られる日が来る事を心よりお祈り申し上げます。

2月 17

拉致被害者の一日も早い帰還を願い、政府にはその実現のために積極的に動いて貰うことを切実に願います。

2月 17

陰ながら自分も運動に参加させていただければと思い、購入させていただきます。ありがとうございます。

2月 17

自分の家族が拉致されたら…と想像すると、本当に被害にあわれた方々が一日も早く戻って欲しいと思います。
皆様の活動を心から応援いたします。

2月 17

拉致問題の早期解決を、心から願っております。

2月 17

一刻も早く被害者がご家族の元へ帰られるよう心から祈ってます。
がんばってください!

2月 17

日本人として諦めません、取り返すまでは。

2月 17

拉致完全解決まで応援させて頂きます。

2月 17

今年こそ解決の年にしたいですね!

2月 17

他人事では有りません!
同じ日本人として真摯に取組みましょう!
応援してます!!!

2月 17

 諦めないでいきましょう。 

2月 7

 私は地方自治体の職員です。数年前に青山繁晴さんの講演を拝聴しました。
恥ずかしながらそれまで拉致被害者のことを知る機会はありませんでした。ですが今は拉致被害者全員を取り返すまで諦めてはいけないと思い、このバッジをいかなるときもつけたいと思います。絶対に全員とりかえしましょう! 

2月 7

昨年SNSからの情報により、拉致被害者及び特定失踪者の全員奪還を目指して努めている次第です。
家族会の方々と連携して、早期の念願を叶えたく考えております。
時には、家族会の皆様方からのご指南・ご鞭撻が必要になると思います。
微力ながらでございますが、宜しくお願い申し上げます。

2月 7

1日も早い完全解決を祈り

2月 7

 憲法第九条では、日本人は守れなかった!
その証拠が、拉致被害者の方ではないでしょうか!?

1月 30

事務局の皆様のご尽力に感謝しております。
先日横田さん夫妻の写真展を観覧致しました。北朝鮮で撮られためぐみさんの写真の写り方に、お母様早紀江さんとの思い出や何気のないアドバイスをめぐみさんは忠実に実行されていて、『私は今もこの国に閉じ込められています』と写真からそんなメッセージが滲み出ていたように感じました。
今後も家族と横田めぐみさんや100人を超えるだろう拉致被害者の方々の事を話して、自分達に出来る事がないか?を探します。

1月 30

同胞無事帰還まで応援します!

1月 30

昨夜青山繁晴先生に大阪のANAホテルにてご講演拝聴致しました改めて拉致被害者様の御心を少し理解いたしました、長い道のりですが諦めずに私も少しですが応援させていただきます、宜しくお願い致します

1月 30

全員奪還を祈念しております!
小口ですが購入させて頂きます。

1月 30

心無い他国に日本国民を奪われて、助けに行けない国が国家と呼べるのでしょうか?与野党両方に私利私欲で「反対!」を叫ぶ輩が議員として大勢潜伏しておりますが、もし!その議員の子供が某国に拉致された場合、なんというのでしょうか?それでも第9条は国を守ると曰うのでしょうか?早く取り戻す方法を命をかけて考え行動するのが親の気持ちじゃないでしょうか?罰が当たるようなことを申してすみません!拉致被害の解決を妨げる議員、官僚の身内が拉致されて何十年も監禁されてみればいいと思ってしまいます。神様申し訳ありません。しかし本当に悔しいんです、今すぐに帰れるよう御手を添えてください。

« 前の記事