神奈川県 H様

私事ですが、英語を小学生に「規定授業時間」と教える事に、
両親に「それはしっかり国語を理解と重要性を教えてからでないと
言語に対しての価値観が危ぶまれる」と、意見したところ
「右翼」と、レッテルをはられ 自分の意見が
違うと説得されつづけなんだか涙が溢れ日本を、日本人である
アイデンティティを忘れている(教えられていない)ひとが両親
であることに困惑してしまいました。
しかし、両親を憎むなんてもってのほか 違うと言われても「日本人」
が基本でそれがないとアイデンティティがなくなると余計にはなしたく
なりました。

拉致問題と関係ないとは思えません。 日本国民がアイデンティティを
とりもどすことも この拉致問題に繋がってると信じています。
親が子を思う気持ちを「右翼思想」から息子を取り戻すために
両親は一生懸命でしたが 余計に悲しくなります。
なぜなら、その考え方も理解ができるからです。

自分の為に、自分と血の繋がっている人の為にだけでは
非力であると思います。 もっと「日本」を尊べばよいのです。
結果、自分の為になり家族の為になりと申したいだけで
ございます。

かなり涙を流しましたが決して諦めません。
拉致被害者は必ず日本に帰っていただきます。