福島県 S様

拉致問題は、他人事ではありません。二人の娘を持つ親として、我が娘がと考えた時、張り裂けそうな悲しい気持ちになります。日本国民一人ひとりが、拉致問題を真剣に考え国民運動としてこの声を北朝鮮に届けねばなりません。