大分県 Y様

悲しみは当事者になってみなければ、同情の姿はあらわせても、ほんとうは理解できないものだと思います。
私も拉致問題にすこしでも関心を持ち続けて、みなさまの活動を応援しつつ、
地方の町から希望の光が見開かれることを期待したいとし、早急の解決が実現することを願っています。