大阪市 I様

横田めぐみさんと同じ1964年生まれです。
拉致事件の解決を祈るだけでしたが、青山繁晴さんの本を読んで、それだけではだめなのだと痛感しました。
(政府に)認定されていない拉致被害者も含めて、1人残らず救出をしなければいけません。
このバッジをつける人が1人でも増えたら、国内に潜んでいる北朝鮮工作員へのプレッシャーになると思います。