広島県 U様

今年大学を卒業して社会に出た者です。
微力ながらひとりの日本国民として協力させてください。

社会に出てから理不尽なことの多さに憤る日々です。
そんななかで自国の歴史に興味を持つようになりました。

そして、いまさらで本当に恐縮なのですが、この北朝鮮という国家ぐるみの人道に反する卑劣な犯罪を知り、本当に怒りの感情を抱きました。

また人権尊重を高らかに謳っておきながら、拉致に遭難された方々の人権をことごとく無視している日本国憲法にも強い疑念を抱きました。

それでもこの憲法を守れ、と言っている一部の議員や市民の人たちに得体の知れない違和感を感じました。

この国は何かがおかしいと感じ始めました。
自国民を犠牲に差し出してまで、父達や祖父達を貶めてまで、隣国に媚びへつらおうとする人たちがいるように思えてならないのです。

敗戦から70年、拉致発生から半世紀も経とうとしてますが、一刻も早い拉致犯罪の解決と、主権国家としての覚悟と矜持を自覚しなくてはならないと思います。
そして北や支那の崩壊を心から願っています。

そうしなければ、私たちの祖国は世界に向けて日本人自らの手で辱められながら、永遠に敗戦国のままでありつづけるような気がしてならないのです。

ただ願うだけではいけないと思い、今回グッズの購入をさせていただきました。

ひとりの日本国民として。