不都合な真実、北朝鮮拉致問題の真相 – 1

不都合な真実、北朝鮮拉致問題の真相 – 1

有本恵子さんが拉致されて29年、横田めぐみさんが拉致されて35年
そのほかの拉致被害の方々も30年~50年。
ご家族の皆様にとって、気の遠くなるような長い年月
この間、紆余曲折がありますが血のにじむような思いで救出を願われています。
しかしながら、この間に普通の感覚では考えられないようなことが多々起こっている。
1988年3月26日 参議院予算委員会、梶山静六国家公安委員長答弁の中で北朝鮮による日本人拉致疑惑を
日本国政府も認めたにもかかわらず1990年金丸自民党副総裁(当時)を団長とし
社会党と一緒に訪朝団を結成した。3党(自民党・社会党・朝鮮労働党)共同宣言にて
日本統治時代及び南北朝鮮分断後の45年間の保障を約束を交わした。
このときたまたま、拉致被害者の家族へ動かぬ証拠となる手紙が届く、これをこともあろうに、
当時の警察、マスメディアはことごとく無視した。
この状況を何とか打開するために、知己の議員(訪朝団のメンバー)に託しました。
これを快く引き受けて、太鼓判をおしてくれたそうです。
ところが、訪朝団が帰国してもなしのつぶて、
催促すると手のひらを返したように
「こんなことを公にするとえらいことになる」
と半分脅しのような言動が買ってきたそうです
どうゆう理屈でこの様な状況になるのでしょうか
何か、不可解な力が働いているtしか思おわれません。。。。。つづく

有本恵子さんが拉致されて29年、横田めぐみさんが拉致されて35年

そのほかの拉致被害の方々も30年~50年。

ご家族の皆様にとって、気の遠くなるような長い年月

この間、紆余曲折がありますが血のにじむような思いで救出を願われています。

しかしながら、この間に普通の感覚では考えられないようなことが多々起こっている。

1988年3月26日 参議院予算委員会、梶山静六国家公安委員長答弁の中で北朝鮮による日本人拉致疑惑を

日本国政府も認めたにもかかわらず1990年金丸自民党副総裁(当時)を団長とし

社会党と一緒に訪朝団を結成した。3党(自民党・社会党・朝鮮労働党)共同宣言にて

日本統治時代及び南北朝鮮分断後の45年間の保障を約束を交わした。

このときたまたま、拉致被害者の家族へ動かぬ証拠となる手紙が届く、これをこともあろうに、

当時の関係先、マスメディアはことごとく無視した。

この状況を何とか打開するために、知己の議員(訪朝団のメンバー)に託しました。

これを快く引き受けて、太鼓判をおしてくれたそうです。

ところが、訪朝団が帰国してもなしのつぶて、

催促すると手のひらを返したように

「こんなことを公にするとえらいことになる」

と半分脅しのような言動が買ってきたそうです

どうゆう理屈でこの様な状況になるのでしょうか

何か、不可解な力が働いているtしか思おわれません。。。。。つづく

著者について

NBP author