『恵子、お母さんは待っていますよ!』特別号「日本赤軍よど号犯の妻、金子(赤木)恵美子、裁判傍聴記録」6

1987年10月17日に帰国するまで、その間10年間は北朝鮮にいた。

日本革命村は平壌郊外のテドンガンのほとりにある。

ゲートがあり、フェンスで囲まれている。人民軍が警備しており、

自由に出入りはできなかった。

よど号犯人たちに与えられていたのは、家族単位のアパート、事務所、

会館(ここでは学習会や映画がある)、食堂、それらとは別に労働党の事務室がある。

よど号犯人以外では、管理所に労働者がおり、金日成総合大学の研究室もある。

よど号犯人の指揮系統は、田宮→小西→男達→妻たち。

革命村での生活は、朝6時30分起床、体操とランニング、妻たちは食事を用意、

男達は掃除。教育プログラムは妻たち8人が受けた。

1977年5月から1978年末頃まで教育を受けた。指導者から、「もう卒業だ」と言われた。

教育内容は、金日成思想、金日成哲学、政治経済、歴史、朝鮮語など。

指導者は社会科学学院や金日成総合大学の教授たちが先生。(つづく)