『恵子、お母さんは待っていますよ!』第3章 沈黙の始まり

 昭和63(1988)年9月、

北海道のIさんから受けた「ピョンヤンでの娘の存在」の一報から数日後、

両親は当時社会党の衆議院議員・土井たか子氏の事務所を訪問する。

恵子さんの事件で、

最も早く当事者の家族情報を受けた政治家は彼女である。

 当日は秘書の保田秀雄氏が対応した。

「社会党が持っておられるパイプを活かして、

何とか娘の帰国に尽力して頂きたい」と懇願するも、

「本人(土井たか子)に伝えます」と素っ気無い。

以後音信もなく事実上の無視であった。

 「やはり与党の実力者の耳に、直接訴えなければ・・・」

当初竹下登内閣総理大臣への直訴を企画したが何の伝手もなく、

議員会館への問い合わせにより、

次期総理と目されていた故・安倍晋太郎自民党幹事長(当時)

の事務所の紹介を受ける。

早速連絡すると「まずは来て下さい」と訪問を促され、

母嘉代子さんは単身上京、事務所を訪れる。

対応した秘書のR氏は「非常に難しい問題だが、

まずは当たってみましょう」と言い、

その日の内に嘉代子さんを警察庁と外務省へ伴った。

尚、後日R氏は「現在(北朝鮮から)莫大な金を要求されています」

と”難しい問題”とした原因として、

社会党が朝鮮労働党幹部党員を招聘した折、

帰国を前にして「国家賠償はどうしてくれるのか」と

、彼らが捨て台詞を残したという事案を明らかにした。

13年前(平成13年当時)の事である。(つづく)