「正念場の今だからこそ、、、」ご支援ください!

いわば「戦後(占領)体制」の象徴的な”被害者”
と言っても過言ではない「北朝鮮による拉致被害者」。

その全ての拉致被害者を救出するために
未だ戦後体制下にある現在の我が国において
最も頼りとすべき安倍総理。
(総理は自身の政治信条として
「戦後レジームからの脱却」を掲げておられます。)

家族会からの信任も厚いその安倍総理が今
拉致解決のために取り組んでおられます。

ご承知の通り、現状は不透明な状況が続いており
全く納得できる状況にはありませんが
こういう時だからこそ、私たち一般庶民は
「自分(たち)は拉致救出をひたすら祈り・願い
この問題の動向を注視し続けている」という念波だけは
発信し続けなければならないと強く思うところです。

北はいつも、日本の世論の動向を最も注視しているのです。

私たち「日本ブルーリボンの会」は
今こそ、今だからこそ
これまでに支援者の皆様方から賜った「ブルーリボン運動」に対する
ご意見・アドバイス・アイディア等を総動員させて頂き
可能な限りの「ブルーリボン運動」を次々と展開してまいる所存です。
本会は拉致救出を祈念し、有本さん御夫妻や横田さん御夫妻はじめ、
被害者ご家族を少しでもご支援申し上げるべく
「ブルーリボン運動」に徹しきる所存です。

正念場の今だからこそ
本会はあたかも波状攻撃をしかけるように
今後、第1弾、第2弾、そして第3弾、、、といったように
運動の裾野を出来る限り広げるべく
「新たなブルーリボン運動」をしかけてまいります。

順次、告知させて頂きますので
ご理解とお力添えの程、お願い申し上げます。
身近な方々への更なる拡散を、どうか心より願い上げます。