「恵子、お母さんは待っていますよ!」第4章許されざるNHKの罪 1謀略の行方(2)

しかし、

平成3年(1991年)5月には、

大韓航空機爆破事件(1987年)の実行犯キム・ヒョンヒの教育係であった

「李恩恵(リ・ウネ)」が埼玉県の田口八重子さんであることが特定されたと、

警察から発表され、

平成4年(1992年)11月の第8回交渉で北朝鮮側が実務者協議を退席し、

同交渉は決裂した。

父有本明弘さんはこれを受けて単身外務省に赴き、

北東アジア課の山本課長補佐に対し、

「日朝交渉において、リ・ウネ(田口八重子さん)の一件だけを持ち出すとは一体どういうことか。

私の娘や、北海道のIさん

、熊本のMさんの事件解決はどうなるのか。

外務省は全員の解放を要求すべきではないのか」と詰め寄った。

山本課長補佐は、「心中お察しします・・・」と、

まるで暖簾に腕押しだったという。(つづく)

長瀬 猛氏著作『恵子、お母さんは待っていますよ!』より