「私たちの思いは途方もないのでしょうか」横田早紀江さんが産経新聞に手記

今、めぐみちゃんはどうしているのでしょうか。元気でいるのでしょうか。金正日(総書記)が死ぬのと私たちが死ぬのはどちらが先になるかと、心配していた矢先の訃報でした。それほどに疲れていました。
以下は産経新聞への記事へ—–>