米国、北朝鮮による留学生拉致を本格調査

2012.5.26 01:30 [北朝鮮拉致事件] サンケイニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120526/plc12052601310004-n1.htm

拉致された疑いがあるのは、米ユタ州出身のデイビッド・スネドン氏=失跡当時(24)。とのことで

有本恵子さんと同様に留学先で失踪、拉致された模様。これも本格的に調査される事を望む。

この様に一般的に失踪とされている事例の中に多数の北朝鮮による拉致被害者が含まれているのも事実です

日本国においても単なる失踪とされた事例で、国家が調査するのではなく、ご家族や支援者の方々が

必死の思いで調査され、明らかになっている拉致事件が多々あります。

また、昨年の米国のNGO「北朝鮮人権委員会」の報告によれば

「報告書は北朝鮮の外国人拉致が金日成時代から行われてきた国家犯罪と指摘し、これまでに14カ国18万人が拉致されたとして、被害状況を詳細に記した。」

との報告がなされています。

この様な国家的犯罪を看過してきた、われわれ国民、及び国家の重大な責任であります。

私たちに出来ることは、ひと時も緩めることなくアピールし続け、国家が動かざるを得ないような状況を作り出すことです。

大矢卓志